2014年05月02日

【急募】ロアッソ熊本を救う実行委員会 実行委員募集のお知らせ

ロアッソ熊本を救う実行委員会様より以下の協力依頼がありました。

ロアッソ熊本を救う実行委員会にて運営に協力していただける方を募集しております。
メインスタンド、バックスタンド、ゴール裏、普段試合になかなか来れなくても応援をしたい方関係ありません。
ロアッソを救いたい!そう思われる方であれば誰でも参加できます。

現在運営スタッフは6名と少ない状況です。
あなたの力がほしいのです!
ぜひご参加をお待ちしております!!

参加ご希望の方は以下FBもしくはメールにてお問い合わせください。
http://www.kumamoto12.net

https://www.facebook.com/roassotasukeru

E-mail:bokin@kumamoto12.net

★私たちの活動への思い★

ロアッソ熊本は「県民に元気を」「子ども達に夢を」「熊本に活力を」というクラブ理念のもと、地域に根ざしたクラブとして、私たち熊本県民そして熊本出身者へ「元気」と「夢」と「活力」を与えてくれるプロサッカーチームです。

ロアッソ熊本は今年、創立10周年という節目の年を迎えています。
ロッソ熊本として2005年に誕生し、地域リーグ、JFL、J2と日本サッカーのピラミッドを駆け上がり、頂点であるJ1を目指し、これまで日本代表経験のある選手の補強そしてクラブ運営体制の強化を図ってきました。しかしながら、厳しい県内経済の現状や外部環境の変化、無理な選手補強等により、クラブは約6000万円の債務超過に陥ってしまいました。

現在、Jリーグにはクラブライセンス制度というものがあります。
クラブライセンス制度とはJリーグが2013年から実施しているJリーグとして認められるための資格制度のことです。このクラブライセンス制度には様々な基準があります。(詳細はJリーグクラブライセンス交付規則をご覧ください)
現在ロアッソ熊本においては、「会計年度の期末決算において債務超過でないことが合理的に見込まれること」という基準のみ満たせず、2014年8月までに債務超過の解消を行わなければ、2015シーズン以降のクラブライセンスが付与されず、Jリーグからの退会を余儀なくされてしまいます。現在、ロアッソ熊本の経営状況は上向きであり、昨年度悔しいシーズンを過ごしましたが、クラブとして1000万の黒字を出し、ビジネスモデルを確立しつつあります。今回のこの危機を乗り越えることができ、債務超過を解消することができれば、クラブは毎年利益を出す経営ができると考えられます。

ロアッソ熊本は私たち熊本県人・熊本県出身者に大きな喜びと感動を与えてくれます。
熊本の誇りを胸に戦う選手たちに、スタジアムに集まる子どもたちだけでなく、大人もみんなが目を輝かせ元気をもらっています。

みんなが明日への活力をもらいに、スタジアムへ足を運び、喜び、悲しみたくさんの思いを共有しています。
このクラブをなくすことは絶対にできません。将来、ロアッソ熊本の選手になりたいとあこがれている子ども達の夢を壊すことはできません。この危機を熊本に関わるすべての人たちとともに乗り越えたい。

熊本の総力を結集してJリーグからロアッソ熊本をなくさないために、熊本県の皆様そして、日本中のロアッソ熊本を愛する皆様の力が必要です。ご協力のほどよろしくお願いいたします。


ロアッソ熊本を救う実行委員会
E-mail:bokin@kumamoto12.net

posted by ULTRA'ALDERAS at 15:47| 募集